ガーデニングで喜び作り、お隣さんよりちょっとキレイに!

木陰で読み返す『7つの習慣』 和歌山市のガーデニング花庭ブログ

読書

令和六年能登半島地震について

石川県能登半島地震によってお亡くなりになられた方へ哀悼の意を表します。
また、被災されたすべての方々に、心よりお見舞い申し上げます。

住居や思い出の場所などの倒壊、ライフラインの不通、道路の破断等多くの心痛と不便を感じておられると存じます。また、困難に直面したときは、日本人同士の助け合いが必要だと感じております。
1日も早い復興をお祈り申し上げます。

有限会社 深江組  代表取締役 柳園 晃宏

花庭ブログにようこそ!

最近、世界的な大ベストセラーであるスティーブン・R・コビィー著『7つの習慣』を読み返しています。

私は、この『7つの習慣』を過去何度か読み返したり、気になるところだけページを捲ったりと、常に傍らにおいて愛読しています。

間違いなく座右の書です。

本は読み返すたびに感じ方が変わります。
その時時の自分の状況にあった文言に目が留まり、たくさんのことを考えさせてくれますね。

他にも本は読むのですが、時流でしょうかスマホなどに心が惹かれ、時間があっという間に過ぎていきます。

今年から、21時以降はデジタルデトックスとして、スマホやパソコンを触らないと決めました。

日によって時間超過があり失敗多めですが、それでも一定の時刻を決めておくことで規律ができます。

それ以降の時間は、読書の時間に当て思索を深めることに使いたい。

読書と仕事は関係ありませんが間違いなく人間力を深めてくれます。

スキマ時間にも読書を積み重ねることで、ちょっとした所作、提案などに良い影響を与えるはずですよね。

今日は、雨の日曜日、こたつに入ってゆっくり読書をして過ごします。
(たぶん二回ぐらい昼寝する)

花庭(はなにわ)ライン公式アカウントができました!

社長

ぜひ、お友達になってください!
そして、トークで何かコメントもらえると嬉しいです。

友だち追加の方法がご不明の方は、ページ下のメールからお問い合わせください。

彩ちゃん

スマホの方とパソコンの方では、友達になり方が違うのね

スマホの方はこちら

1、下記ボタンをクリック

友だち追加

2、花庭ロゴを確認

花庭
パソコンの方はこちら

LINEアプリのQRコードリーダーで読み取ってください

QRコード
  1. スマホのLINE(ライン)を開きます
  2. 画面左下の「ホーム」を押す
  3. 画面上の右から2番目にある「人形」を押す
  4. 画面上の「QRコード」を押し読み取る

この度、花庭としてライン公式アカウントを開設しました。

まだ有益な情報は少ないですが、今後ゆっくりとしたペースで改善していく予定です。

また、お得なクーポンの配信も計画しています。
ぜひお友達登録をお願いします。

和歌山市内の方で、ガーデニングに興味のある方・不要な植物の引き取り処分・庭じまい・庭や外回りの整備・修繕が気になる方からのご連絡をお待ちしてます。

社長

友達に追加すると、無料でラインの電話が使えます。

ただし、明らかに和歌山以外の方からであれば着信拒否します

彩ちゃん

和歌山愛炸裂だな!

花庭(ハナニワ)について-和歌山市のガーデニング・園芸・草刈・伐採

花庭が目指していることは?
花庭は、どんなことをやっているのか?

下記よりご確認ください。

花庭は弊社商標です。

お問い合わせ

ガーデニングや草刈り・伐採、不要な植物の引き取り処分、庭じまい、庭と外回りの整備・修繕についてご相談ください。

もちろんお見積りは無料でさせていただきます

しかし、『花庭』は発足したてでできないことが山程あります(スミマセン)

現在作業エリアは、主に和歌山市内とさせていただいております(ご紹介などは別)
その他にも、当社が目指す姿と違えばお断りしたいと考えています。

当社は、私達にできることに力を集約させます
ご賛同いただいているお客様のためにも、エネルギーロスはしたくありません。

上記をご勘案いただき、お問い合わせいただいてもお断りすることがあることをご了承ください。
また、お問い合わせ時は、下記項目を教えていただけるとスムーズです。

  • どのようなことが困っていますか?
  • どのような不具合がありますか?
  • どのようになれば嬉しいですか?


24時間受付の全てのお問い合わせ先はこちらです ➡ お問い合わせ

日中ならばお電話でも承ります。
(不在時は留守電にメッセージを残してください。後ほど折り返しお電話差し上げます。)

花庭ライン公式アカウントでお友達になっていれば、無料のライン通話が使えます!

\ 小さい工事が得意です /

\ 和歌山の方限定 /

読書

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次